問合せ 
サイトマップ  リンク集  ご利用細則      
 
トップページ
 
神流町の紹介
 
神流町議会
 
公共施設
 
観光サイト
 
トップページ > ふるさと応援寄附金 > 控除額計算方法
 

絵文字:マル 神流町ふるさと応援寄附金
  所得税及び住民税軽減の計算方法とモデルケース

 

~ 軽減額の計算方法 ~  
【所得税軽減】

  A 軽減額:(年間寄附金額-2,000円)×所得税率×1.021

【住民税控除】 B+C
  B 基本控除額:(年間寄附金額-2,000円)×10%
  C 特例控除額:(年間寄附金額-2,000円)×(90%-所得税率×1.021)
    ※特例控除額は、個人住民税所得割額の2割が限度となります。
 

 注1 A+B+Cが寄附金に伴う減税額の目安となります。
  2 年間寄附金額とは、1月から12月の合計寄附金額です。また、複数の自治体に対して
    寄附を行っている場合は、その寄附金すべての合計額となります。
  3 所得税率は課税所得金額に応じて0~45%となります。なお、所得税率に乗じている
    1.021は復興特別所得税(2.1%)の加算分です。
  4 所得税軽減における所得控除対象寄附金(Aの年間寄附金額)は、総所得金額等の
    40%が上限となっています。
  5 住民税控除における控除対象寄附金(B、Cの年間寄附金額)は、総所得金額等の
    30%が上限となっています。

 
~ モデルケース ~  

 年収:700万円 
 
 家族構成:夫婦 (妻扶養)
 
 所得税率:20% 
 
 住民税所得割:371,500円 
 
 寄附金額:30,000円 

【所得税軽減】  
     A 軽減額: (30,000円-2,000円) × 20% × 1.021 ≒ 5,717円

【住民税控除】 B+C
  B 基本控除額:(30,000円-2,000円) × 10% = 2,800円
  C 特例控除額:(30,000円-2,000円) × (90% -20% × 1.021) ≒ 19,483円

      
  ※ この場合の特例控除額は、個人住民税所得割額の2割以内なので全額控除対象となります。


【寄附による減税額】A+B+C=28,000円
    

【注意】

  • 同じ給与収入額でも所得控除額によって税率が変わるなど、個々の状況で減税額が変わります。
    当シミュレーションは一例としてご参考ください。