群馬県万場町・中里村合併協議会

小さな町村の大きな挑戦

 平成15年4月1日に誕生した神流町は、関越道藤岡インターから神流川を遡ること1時間あまり、奥多野の深い山々と清流に囲まれた小さな町です。
 神流町を構成する元万場町・中里村は、激しい過疎化・高齢化の波に見まわれ、かつて1万人以上いた両町村の人口も、現在3,200人にまで減りました。
 しかし、ここに生きる私たちにはかけがえのないふるさとなのです。
 この地域の歴史と文化を後世に伝え、住民の生活を維持し、この美しい自然環境を守っていくためにいつまでもいつまでも、自治の灯をともし続けなければならないと信じ、神流町の誕生に至りました。
 全国的には小規模の町村合併により誕生した神流町ですが、この地域の将来にとっては大きな挑戦でもありました。
 このページでは、神流町誕生までの合併経緯をご紹介します。